2015年01月27日

花粉症 対策 にはまず花粉症とは何かを知ろう その2

IgEとい抗体が一定レベルまで肥満細胞に結合した時を
感作が成立したと言います。

これは、つまり、花粉症が発症の準備が整ったこと
を意味するのです。

「 突然として花粉症になった・・・」とぼやく人が
いますが、本当のところは、
それまで体内では発症のための準備が着々と進んでいたということなのです。

花粉の付着など外部からの刺激により
ヒスタミンが細胞から放出し、
鼻などの不快な症状を起こすのです。

ヒスタミンは脳(中枢神経)で
覚醒作用、学習機能、記憶や食欲の調節、
体温調節、ストレスの制御

などの作用に深く関わっています。

ヒスタミンは 受容体(細胞表面にあるたんぱく質)と
結合して機能します。

このヒスタミン受容体は4種類で
花粉症の症状、炎症、アレルギー反応に関係するのは
H1受容体です。

脳での働きもH1受容体が関与しています。

ということで、ヒスタミンは
脳内では有益に働き、鼻などでは有害な働きをするのです。

そこで、このH1受容体に、
抗ヒスタミン薬を結合させれば、花粉症の不快な症状
は避けられるということのなります。


花粉症 対策 にはまず花粉症とは何かを知ろう その3
さてさて、この抗ヒスタミン薬が脳に入ったらどうなる?
のでしょう?

栄養素など必要なものは、血液から脳へ送り込まれます。

薬物など脳に障害を及ぼすおそれのあるものを
排除する血液脳関門と呼ばれる機構があります。

第一世代品の市販品に多く使われる
抗ヒスタミン薬の多くは、血液脳関門を潜り抜け
脳に入ってくるようです。

抗ヒスタミン薬が脳に入れば
集中力、判断力、作業能力が低下してしまいます。

典型的な第一世代抗ヒスタミン薬は、
クロルフェニラミンです。

このクロルフェニラミンはたったの2mgで
ウイスキーシングル3杯に匹敵すると言われています。

数日から2週間程度服用して充分な効果が出てくる
第二世代抗ヒスタミン薬(これを抗アレルギー薬と呼ぶことが多い)や
ケミカルメディエーター遊離抑制薬については、
医師の処方箋が必要となります。
【関連する記事】
posted by 花粉症 at 15:54| 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本のゲーム機
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。