2015年01月27日

花粉症 対策 にはまず花粉症とは何かを知ろう その1

花粉という異物(アルゲン)が鼻の粘膜に付着すると
花粉から異物(アルゲン)となるタンパク質が溶け出し、
貪食細胞(マクロファージ)に取り込まれ、
花粉は、非自己(異物)であると認識されるのです。

この情報は、リンパ球(ヘルパーT細胞のうちのTh2)
を介して、
骨髄由来のリンパ球であるB細胞に伝えられます。

そして、B細胞は、その花粉アレルゲンと特異的に反応する
抗体を作り出すのです。

体内に侵入した病原細菌や毒素などの異物を
排除し無害化するのが抗体ですが、ヒトには

IgG、IgM、IgA、IgD、IgE
の5つのタイプの抗体が存在します。

この中の『 IgE 』が、血液や粘膜中に存在する
肥満細胞や好塩基球に結合します。

再び、花粉アレルゲンが侵入してIgEに結合すると、
様々な化学伝達物質(ケミカルメディエーター)が遊離して
症状を引き起こすことになる抗体を作ります。

再度、花粉という異物(アルゲン)が体に侵入すると
肥満細胞の表面にある抗体と結合し、
肥満細胞からヒスタミンなどが分泌さ花粉を最大限体外に
排出させようとします。

これが、鼻水、鼻づまり、くしゃみ
という、花粉症の三大症状です。
posted by 花粉症 at 15:55| 花粉症 対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本のゲーム機
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。